小児歯科矯正・大人の矯正歯科|久留米市の歯医者

矯正歯科【小児歯科矯正・大人の歯科矯正】

思いっきり笑えますと言われる口元を目指して 永久歯全体の矯正治療、気になる部分だけの部分矯正、乳歯の反対咬合(はんたいこうごう)の治療、乳歯と永久歯が混合した時期の矯正治療を行っています。
また、矯正治療中の見た目を考えた透明なマウスピースを使った矯正治療も行っています。
矯正歯科医が診察しますのでご相談下さい。相談は無料です。

矯正医師水沼 美奈子
長崎大学歯学部卒業、九州大学病院矯正科にて研修
日本矯正歯科学会認定医
矯正専門医につきましては、詳しくはこちらから  > >
矯正医師 水沼美奈子の写真

矯正歯科とは?

歯列矯正を考える患者様は、「歯並びや歯の隙間(隙歯)、かみ合わせが悪いのが気になる」、「子供の歯並びや歯の隙間(隙歯)、かみ合わせを気にしていたら大人の自分も歯列矯正したくなった」、「仕事の都合で歯列矯正をしないといけなくなった」など、いろいろな理由があると思います。
歯列矯正とは、一般的に歯の隙間(隙歯)やかみ合わせ、歯並びの不正を治す治療のことをいいますが、当院では単に見かけをきれいに並べるだけではないと考えております。
ただ歯の隙間(隙歯)やかみ合わせ、歯並びの美容的な改善をするだけではなく、発音障害の改善や、前歯で食べ物をしっかりとかみ切り奥歯で食べ物を噛み砕くこと、全身とかみ合わせのバランスを調整すること、また歯のガタツキをなくすことにより、歯の清掃性を良くし歯の寿命を延ばすという予防的な効果も追求しております。
つまり歯列矯正とは、数多くの治療効果をもちあわせる歯科治療の一分野なのです。

目立ちにくい矯正装置を使っております

乳歯の反対咬合(受け口)の治療(3~6歳頃)

ムーシールド

乳歯の反対咬合(受け口)といわれる歯並びの治療に有効なマウスピース状の矯正装置です。
夜寝ている時に装着することで、口唇と舌の圧力のバランスを変えて反対咬合(受け口)を改善させる方向に作用します。
装置によって一度咬合が改善されると、その後の下顎の成長が最小限に抑制され、永久歯の正しい生えかわりを誘導することが期待されます。
ムーシールドが効果を発揮するのは、上顎の成長がピークを迎える前の3~6歳頃です。

症  例 治  療  前 治  療  後
症例1 乳歯の反対咬合(受け口)の治療前の症例写真 乳歯の反対咬合(受け口)の治療後の症例写真

混合歯列期の矯正治療(3~6歳頃)

早期矯正治療

混合歯列期に、顎の成長発育を正しい方向に導き、永久歯が萌出する環境を整えるための治療です。 場合により複数の矯正装置を併用することがあります。
成長の度合いや永久歯の歯並びによってはブラケットを使った本格矯正治療が必要になります。 本格矯正治療を行い易くするための準備として行うこともあります。

混合歯列期の矯正治療に使用する器具の写真

永久歯列の矯正治療(12歳頃~)

本格矯正治療

上下の永久歯にブラケットを装着しワイヤーを使って歯並びを治します。
見た目が気になる前歯には透明のブラケットを使用しております。
治療期間は症例によりますが平均で2年です。
歯と歯周組織が健康であればどなたでも治療を受けていただくことが可能です。

本格矯正治療に使用する器具の写真

症  例 治  療  前 治  療  後
症例1前 永久歯列の矯正治療前の症例写真1 永久歯列の矯正治療後の症例写真1
症例1横 永久歯列の矯正治療前の症例写真2 永久歯列の矯正治療後の症例写真2
症例2前 永久歯列の矯正治療前の症例写真3 永久歯列の矯正治療後の症例写真3
症例2上 永久歯列の矯正治療前の症例写真4 永久歯列の矯正治療後の症例写真4
症例2下 永久歯列の矯正治療前の症例写真5 永久歯列の矯正治療後の症例写真5

気になる部分だけの矯正治療

部分矯正

部分的(8歯以下)にブラケットを装着しワイヤーを使って歯並びを治します。 見た目が気になる前歯には透明なブラケットを使用します。
治療期間は症例によりますが、およそ6ヶ月~1年です。
歯と歯周組織が健康であればどなたでも治療を受けていただくことが可能です。 歯に被せ物をする前準備として行うこともあります。

症  例 治  療  前 治  療  後
症例1 部分矯正治療前の症例写真1 部分矯正治療後の症例写真1
症例2 部分矯正治療前の症例写真2 部分矯正治療後の症例写真2

透明なマウスピース矯正装置

アソアライナー

取り外し可能な透明の「アソアライナー」を用いるマウスピース矯正です。
そのため、ブラケットやワイヤーによる治療には抵抗を感じて矯正治療に踏み切れなかった患者様でも安心して治療を受けていただけます。
また、このマウスピース型のアソアライナーは治療中も目立たないだけでなく、治療中でもアソアライナーを口の中から取り外すことができますので、食事の時や歯磨きの時に装置を取り外せるなど大きなメリットがあります。
月に1回お口の型取りを行って装置を作成し、矯正を進めてまいります。

アソアライナーに使用する器具の写真